がんばって努力しても、どうして幸せになれないの?


幼い頃にがんばることを刷り込まれた人は、
大人になってもがんばっています。

がんばらないと、怠け者で、
社会の脱落者で、
人に嫌われると思い込んでいます。

そして努力は、がんばる人がしています。

がんばっているか、いないかは、
努力しているか、していないかに
置き換えられています。

結論です。

努力してできることは
人間のエゴを現実化することだけです。

つまり、努力して得たものがエゴをさらに太らせ、
さらなるエゴの実現に向かいます。

そこには枯渇感しかありません。
エゴに幸せはありませんから。

宇宙は努力なしに存在しています。
地球は努力なしに回っています。
自然は努力なしに変化しています。

人間も努力なしに生きると、
宇宙・地球・自然と仲良く暮らせます。

私は、宇宙と地球と自然とが
敬愛しあいながら共にいることが
「幸せ」だと感じています。




Copyright © カラダとココロの研究所 All Rights Reserved.