心が苦しいとき、どうすればいいの?


怒りで苦しいとき、不安で苦しいとき、
この2つは根っこがひとつなので、対処法もひとつです。

「怒り」の状況を俯瞰して見ると、
対立があることに気づきます。

「不安」も、一歩引いて自分を冷静に見ると、
自分と自分、または自分と誰かが対立しています。

対立は争いの種です。

そんな感情が湧き上がったとき、私がしていることは
その正反対の感情を心に注入して、
争いに傾いた心のバランスをフラットに戻すんです。

私がしていることは、単純に、
世界の平和を祈ることなんです。

「世界が平和でありますように」
と、ずっーと心でつぶやいて座って瞑想します。

これで心は平坦に戻って行き、
いつの間にか怒りや不安は心から出て行きます。

ところで「世界の平和」の
世界って何だか分かりますか?

今日、会う人、会う人が世界なんですよ。

すれ違う人、視界の向こうに見える人、
同じスーパーにいる人、同じ電車に乗っている人。

そして自分も世界であることを忘れてはいけません。

世界は自分から始まって、地球全体に続いています。

つまり世界平和を祈る、とは
「自分から平和が始まりますように」という思いなんです。




Copyright © カラダとココロの研究所 All Rights Reserved.