闇を抜けるには、どうしたらいいの?


光には光源があり、その光源は目標になり、
目標があることで見失わず前進できます。

闇は、どこから闇なのか分からず、
闇にいるのかさえ分からず、目標も分からず、
立ち尽くすか、迷走するしかありません。

私の感覚ですが、闇にも、光源のような、
闇の源があると思っています。

闇の源は、私の真後ろから
プロジェクターのように私の前方に闇を映し出します。

闇のプロジェクターが映す暗幕に、
希望の光は消されているんです。

私は、「闇にいるかもしれない」
「闇から抜け出せない」そう感じた時、
後ろを振り返るようにしています。

すると闇を作る闇のプロジェクターは、
私の後ろで巧妙に、闇の根源であることを隠しながら
私を闇に包みこもうとしています。

でも見つけられると、闇は「あ、見つかっちゃった」と焦り、
プロジェクターの電源を落とします。

前を向くと、闇が消え、隠されていた光が見えてきます。

絵本のような話ですが、本当なんですよ(笑)

闇のプロジェクター探し、ぜひトレーニングしてみてください。




Copyright © カラダとココロの研究所 All Rights Reserved.