あるがままって、どういうこと?


あるがままの状態とは、
目の前のことを受け入れる状態のことですが、
受け入れる側の心に何もないことが条件です。

突然の雨。
傘がない。
家まで走って帰る。
やだなあ、ついてないなあ。

3行目まではあるがままです。
4行目はあるがままではありません。

上司がやってくる。
「例の書類はできたか」と言われる。
書類はまだできていない。
「パソコンが調子悪くて、、、
今日中に仕上げます」と言い訳をする。

3行目まであるがままです。
4、5行目はあるがままではありません。

1番目の例は、感情が動いた時点で
あるがままではなくなっています。

2番目の例は、怒られないようにと、
思考が働いた時点で
あるがままではなくなっています。

あるがままとは、つまり感情が動かない、
思考が働かない、ただの経験のことなんです。

実はただの経験(純粋経験)って、
なかなかできないんですよね。




Copyright © カラダとココロの研究所 All Rights Reserved.